ホーム  >  事業内容:tetote

tetoteのおもい

気持ち、伝える準備をしていますか? tetoteは、想いを伝えるしくみをつくります あなたらしく生き、遺せるように

生前意思伝達サービス「tetote」

ご家族だからいつでも話せる、は本当?

もし家族の誰かが病気になったら、患者さん本人の意思をなるべく尊重したいと思うことも多いと思います。
しかし、本人に代わってご家族の意思として決断せざるを得ないことがあります。その時、本人が何を望むのか、知らなかったことに気付くこともあります。

患者さんのため、だけでなくご家族のためにも

私達にはもともと、生きるうえでの選択肢があります。
自分としてこうしたい、ご家族に委ねたい、専門家(医師)に委ねたい、そういった生きるうえでの選択肢や準備を元気なうちに残しておくことで、病気になった本人も、ご家族も、医療者も含めて、悔いのないコミュニケーションができるのでは、と考えています。

やがて迎える人生の終焉に備え、元気なうちに、どう生きたいかを見つめて考える機会をつくり、そのメッセージを残せ伝えられるしくみ=tetote を提供したいと考えています。

topへ戻る