ホーム  >  調査リポーター契約

調査リポーター契約

この規約は、株式会社ウィルモア(以下「当社」という)が行う調査事業に関して、当社と市場調査の協力者である皆さま(以下「リポーター」という)との間で交わすお約束です。
定性調査にご協力いただける方は、必ずこの規約をお読みいただき、内容に同意のうえ、リポーターにご登録くださいますようお願い申し上げます。

<調査内容と委託先>

リポーターにご協力をお願いするのは、主に「定性調査」になります。
定性調査の実施、リポーターの管理・募集、リポーターの個人情報の管理等に関しましては、当社にておこないます。

第1条 総則

  1. 本規約は、株式会社ウィルモア(以下「当社」という)が、第2条所定のリポーターへの市場調査または世論調査を目的とした定性調査を行う際の、当社とリポーターの契約条件を定めるものです。
  2. 本調査事業は、当社が、当社または当社に調査を委託した企業(以下「顧客」という)のための定性調査を行い、その結果を集計、加工、分析、報告するものです。
  3. 調査情報の収集は、主に当社が運営するウェブサイト(以下「本サイト」という)上に定性調査のためのページを設け、回答依頼のメールをリポーターへ送信、あるいはお電話により依頼をし、対面によるインタビュー、あるいはお電話でのヒアリング等により定性調査にお答えいただくことにより行います。
  4. 当社はリポーターに対し、定性調査の回答受付およびそれに付帯するサービス(講演会・各種イベントへの参加など)(以下「本サービス」という)を提供するものとします。
  5. 当社は、リポーターに対する事前の通知なく、本規約および当社が別途必要に応じて定めリポーターに通知する諸規定を変更することができるものとし、リポーターはこれを承認し、遵守するものとします。
  6. 当規定以外のことを依頼する場合には、必要に応じて別途承諾をとるものとします。

第2条 リポーターの定義

  1. 本規約における「リポーター」とは、本規約を了承のうえ、当社の定める登録手続きを完了し、当社から登録を承認された方をいいます。
  2. 当社は、当社が必要と認めるときに、リポーターに対し、定性調査を依頼するものとし、リポーターは、当該定性調査にできる限り協力するものとします。
  3. リポーターは、定性調査に対する回答を行うにあたり、別途当社または委託先が定める方法に従うものとします。
  4. リポーター登録期間は、本規約に基づき、リポーター登録された日から、登録の抹消または自己のリポーター登録の取り消し(以下「退会」という)手続きが完了した日までとします。

第3条 リポーターの資格

  1. 本リポーターの資格は以下の通りです。ただし、定性調査を実施している会社にお勤めの方の登録はご遠慮ください。
    1. 日本国内に住所または居所を有していること
    2. リポーター登録時において15才以上であること
    3. 既に登録されているリポーターと同一でないメールアドレスを利用・登録できること
  2. 前項に該当しなくなった場合には、リポーターの資格を失います。
  3. 第1項に該当する場合であっても、リポーター登録希望者が未成年、成年被後見人、被保佐人または被補助人である場合は、当該希望者本人が親権者などの法定代理人の同意を得たうえでリポーター登録を行うものとします。
  4. 当社がリポーターとして承認することを不適当と判断した場合、リポーター登録完了後であっても登録の取消しを行うことができるものとします。

第4条 登録情報の取り扱い

  1. リポーターが登録の際に申告したリポーター個人に関する情報は当社が保有するものとし、当社が管理致します。
  2. リポーターは、本サイトにおける登録情報のすべての項目に関して、虚偽の申告をしてはならないものとします。
  3. リポーターは登録内容に変更があった際には、速やかに別途当社が定める登録内容の変更手続きを行うものとします。
  4. 当社は、調査事業を遂行する目的で、リポーターの登録情報をリポーター本人の承諾なく第三者へ開示することがあります。ただし、氏名・住所・電話番号・メールアドレス等、リポーター個人を特定できる情報については、別途定めた「個人情報保護方針」に基づき、当該情報についての守秘義務を負い、本人の事前承諾がないかぎり、第三者に開示致しません。
  5. リポーターは、リポーター登録後に当社が定期的に行う「登録情報の更新」手続きを所定期間内に行うものとします。
  6. 1.当社もしくは委託先から、リポーター登録後に、当該リポーターの登録住所宛に本人確認のための書面を送付、書面をお受け取りいただくことで登録情報にある者が登録者本人であること、登録情報の内容が正確であること等の確認を行うことができるものとします。
  7. 当社もしくは委託先は電話、メールまたはその他の方法にてリポーターに登録情報内容の確認を行うことがあります。

第5条 リポーターの禁止事項

リポーターの、以下に該当する行為、またはその恐れのある行為を禁止します

  1. 公序良俗に反する行為
  2. 法令に違反する行為
  3. 当社、他のリポーターまたは第三者の著作権を侵害する行為
  4. 当社、他のリポーターまたは第三者を誹謗・中傷する行為
  5. 当社、他のリポーターまたは第三者に不利益を与える行為
  6. 本調査事業の運営を妨害する行為
  7. 本調査事業または本調査事業に関して知りえた情報を使用した営業行為、または当社が承認していない営業活動
  8. 虚偽の登録または、定性調査回答をする行為
  9. 選挙運動、宗教の布教活動もしくはこれに類似する行為、または公職選挙法などの法令に違反する行為
  10. 同一会員が複数のユーザーIDを取得または使用する行
  11. なりすましでリポーター登録をする行為
  12. 第9条所定の守秘義務に違反する行為
  13. 他登録者などの個人情報を不正取得し使用する行為
  14. 本サイトを営利目的で不正使用する行為
  15. 不正回答をする行為
  16. その他、当社が不適当と判断する行為

第6条 回答情報の権利の帰属

  1. リポーターの登録情報及び定性調査回答情報の著作権(著作権法第27条及び第28条に規定された権利を含む)その他一切の権利は、全て当社が有するものとし、リポーターは当社及び第三者に対して、著作者人格権を行使しないものとします。
  2. リポーターの定性調査回答情報は、統計処理を加えること等により個人を特定できなくした上で、当社及び第三者に利用され、またリポーターの承諾なく、第三者に開示または提供されることがあります。

第7条 対価

  1. 当社は、リポーターの承諾を得て無償で実施する場合を除き、定性調査に対する回答の対価として、回答者の一部(抽選による)または全員に対し、当社の規定により、謝礼金・景品等を提供するものとします。なお、リポーターに登録していること自体で対価は発生しないものとします。
  2. 第1項に定める謝礼の種類および提供方法等は、定性調査ごとに当社が定めるものとします。
  3. 公序良俗に反する記入や、明らかに不誠実・不適切と思われる記入と当社が判断した場合は、当該定性調査にかかる対価を提供しない、またはすでに提供済みの対価を取り消すことができるものとします。

第8条 電子メールの送受信

  1. リポーターは、リポーターとして当社と電子メールの送受信を行う場合には、当社の指定する方法により、登録情報として申告したものと同一のメールアドレスを使用したうえで行うものとします。また、リポーターが当社からの電子メールに返信する場合は、当社が別途指定する方法により返信するものとします。
  2. 1.当社の指定と異なる方法での送受信、または登録情報と異なるメールアドレスにて送受信を行ったことにより当該リポーターに不利益または損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社からリポーターに対して発信された電子メール又はリポーターから当社に対して発信された電子メールの不達により当該リポーターに不利益または損害が発生しても、当社は一切の責任を負わないものとします。
  4. リポーターがリポーターとして発信する電子メールの本文中の記載内容に関して、当社は一切の責任を負わないものとします。

第9条 リポーターの守秘義務

  1. リポーターは、回答を求められた定性調査への回答の有無にかかわらず、当該定性調査によって知りえた情報、質問文の内容その他定性調査で使用されているあらゆる形態の情報について、いかなる手段をもってもその全てまたは一部を第三者に漏洩せず、使用及び転用しない義務を負うものとします。
  2. 第1項に定めるリポーターの守秘義務は、第10条に定める退会手続き完了後または第11条に定めるリポーター登録の抹消後においても消滅しないものとします。

第10条 退会

  1. リポーターは、退会を望む場合、所定の手続きに従い、退会するものとします。
  2. リポーターから退会手続きがあった場合は、当社で当該リポーターの退会処理終了後、退会となります。退会後のリポーター登録情報については、それ以前のお問合せ履歴などを確認の上、全ての登録情報を当社にて削除するものとします。
  3. 退会後に新たにリポーター登録されたい場合は、再度必要事項の登録をするものとします。

第11条 定性調査の配信または登録の一時停止・登録の抹消

  1. 当社は、リポーターの承諾の有無にかかわらず、以下の項目のいずれかに該当する場合、定性調査配信またはリポーター登録の一時停止・リポーター登録の抹消をすることができるものとします。また、その旨をリポーターに対し、事前にも事後にも通知しないものとします。
    1. リポーターの資格を失った場合
    2. リポーターが本規約第5条に定める「禁止行為」に違反した場合
    3. 前号の他、リポーターが本規約のいずれかに違反した場合
    4. 当社からの案内(調査回答依頼を含む)に対するリポーターの回答が一定回数ない場合
    5. 当社の承認なしに、リポーター本人以外の第三者によって定性調査の回答が行われた場合
    6. リポーターが故意に、虚偽の回答を行った場合
    7. 第4条所定の本人確認の書面を受け取りいただけない場合
    8. その他、当社がリポーターとして不適当と認めた場合
  2. 前項のいずれかの理由により登録が抹消となったリポーターについては、再度のリポーター登録を当社が禁止することができるものとします。
  3. 定性調査配信またはリポーター登録の一時停止・リポーター登録の抹消の措置に関するリポーターからの問い合わせについては、当該措置の要因等に関して回答する義務を当社は一切負わないものとします。

第12条 責任

  1. リポーターが本規約のいずれかに違反し、当社あるいは第三者に損害を与えた場合、当社は当該リポーターに対して損害賠償の請求を行うことができるものとします。
  2. 当社は、コンピュータや通信回線などの障害による本サービスの中断・遅滞・中止・情報の消失・情報への不正アクセスによりリポーターに生じた損害等に関して、一切責任を負わないものとします。

第13条 本サービスの内容の変更ならびに、一時中断、停止および中止

  1. 当社はいつでも、何らの告知なしに、本事業の内容の全部もしくは一部を変更し、または本事業の一部もしくは全部を一時中断、停止もしくは中止する場合があります。
  2. 1.前項に基づく内容の変更または一時中断、停止および中止によってリポーターに不利益または損害が発生した場合においても、当社はその責任を一切負わないものとします。

第14条 専属的合意管轄裁判所

  1. 当社およびリポーターは、当社とリポーターの間で本規約に関連して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とすることに合意します。

附則
この規約は、2009年7月25日から施行します。

topへ戻る